FutureStandard MAKERS

東京にある映像解析プラットフォーム「SCORER」の開発をしているスタートアップのブログです

SCORERスターターキット導入編2

前章では、「SCORER カメラボードスターターキット」を組み立ててSDカードへSCORER SDKをインストールしました。

第2章ではSDカードにインストールしたSCORER SDKの設定ファイルにWiFi情報を追記して、PCのブラウザからラズパイへリモート接続してSCORER Camera Controlへアクセスします。

 1.現在のWiFi設定を確認

お使いの環境のSSID・PASS KEY・暗号化の種類をご確認下さい。

例: 以下はある環境(HUMAX HG100R-02JG)でルータ設定画面にアクセスした際の画面です。

f:id:FutureStandard:20170622121618p:plain

2WiFiSSIDを設定ファイルに登録

第1節で取得した情報を元に設定ファイルにWiFi情報等を追記します。

  • SCORER SDKインストール済みのSDカードをPCへ接続して下さい
  • SDカードのファイル構成は以下のようになっています

f:id:FutureStandard:20170622121725p:plain

設定ファイル”scorer_config.txt”をノートパッド等のテキストエディタで開いて下さい。

f:id:FutureStandard:20170622121823p:plain

設定ファイルを以下の様に変更・記載をして下さい。

変更

[wpa_supplicant.conf R:1]  #  “R:1”を”R:2”に変更

追記(update_config=1の後)

network={

         ssid=""         #SSIDをクォーテーション(”)内に記載

         psk=""         #パスキーをクォーテーション(”)内に記載

         key_mgmt=    #暗号化の種類をイコール(=)後に記載

         priority=1      #このまま記載

}

f:id:FutureStandard:20170622122010p:plain

変更・追記が完了したらテキストエディタを終了して下さい。

3.LED(緑)の点滅確認

第2節での設定ファイルの設定が終了したら、ラズパイがLAN接続が出来るかを確認します。

  •  SDカードをラズパイのカードスロットに挿し込んで下さい
  • ラズパイのACアダプタをコンセントに挿して下さい
  • 以下の様にLED(緑)が点滅すればLAN接続が確立した事が確認出来ます

!!注意1!!LEDを確認し易くするためにカバーを外しています

!!注意2!!WEBカメラも忘れずにラズパイに接続して下さい

f:id:FutureStandard:20170622122138g:plain

もし、上記の様に点滅せずに下の様に何回か点滅後にLED(緑)が消えてしまう場合は設定ファイルの設定に問題が有ることが有りますのでご確認下さい。

f:id:FutureStandard:20170622122216g:plain

4Bonjour BrowserをインストールとラズパイのIPアドレスを確認

ルーター側で設定されたIPアドレスを確認するツールとして、Bonour Browserを使用します。

!!注意!!同ネットワーク上にZeronconfというネットワーク仕様の機器が接続されていると複数のネットワーク機器が表示される事があります。

f:id:FutureStandard:20170622122500p:plain

  • 「RP3-XXXXX」という項目が表示されていればラズパイがネットワークに接続が出来た事が確認出来ます
  • 「RP3-XXXXX」は複数表示されますが、そのうちTypeが’ _http._tcp.’且つ、”IP Address”欄にポート番号が’20001’の項目を探して下さい。見つけましたらIPアドレス:ポート番号を右クリックして”Copy”を押下して下さい

f:id:FutureStandard:20170622122556p:plain

5.SCORER Camera Controlへアクセス

第4節で取得したIPアドレスにてSCORER Camera Control(以下、SCC)へアクセスします。

ブラウザのアドレスバーに先程取得したIPアドレス:20001を入力しエンターキーを押下して下さい。

f:id:FutureStandard:20170622122645p:plain

 

SCC画面に遷移することを確認します。

 

f:id:FutureStandard:20170622122707p:plain

これにてWiFiの設定及び、SCCへのアクセスが確認出来ました。

次章ではSCORER Camera Controlの設定各項目の説明と設定変更によってラズパイWEBカメラの表示がどう変わるかをデモンストレーションします。

 

SCORER Starter Kit Setup Guide1

This is the official SCORER blog which will provide you with setup guide, sample use cases, and detailed customization.

In this section of blog, we are presenting a setup guide for “SCORER Camera Board Starter Kit” through 4 different chapters. The list of chapters are below:

  • Chapter 1 - Assembling SCORER starter kit and installing SCORER SDK to an SD card
  • Chapter 2 - Establishing a WiFi connection for the Raspberry Pi
  • Chapter 3 - Testing different settings and functions on Raspberry Pi WEB Cam
  • Chapter 4 - Registering on Scorer Management Console(SMC) and download movies/snapshots/logs from SMC

The SD card included in the starter kit already contains SCORER SDK, but for demonstration purpose, we have included installation procedure in this setup guide. If you are comfortable with SCORER SDK pre-installed SD card, you can skip the “SCORER SDK to an SD card” part(2-4 clause of this chapter) and directly proceed to chapter 2.

In this chapter, we will guide you through assembling starter kit, turning on Raspberry Pi, then installing SCORER SDK to an SD card.

1.Assembling SCORER Camera Board Starter Kit

Assembling starter kit is pretty straight forward.

f:id:FutureStandard:20170614204054p:plain

This is a list of items that we use in this setup guide. They are what you will find in the starter kit with one exception, we use blank SD card for demonstration purpose.

  • Raspberry Pi 3(RTC Module, Soldered Power Condenser)x 1
  • 60 Degree USB Camera (Buffalo BSWHD06M series)x 1
  • 32GB Blank SD Card x 1
  • MICRO-B USB Power Adapter x 1
  • Raspberry Pi 3 case x 1

Place Rasberry Pi3 into the plastic case(one with 4 screw holes in bottom). Make sure the Raspberry Pi board is facing right direction while you place it into the plastic case.

Check all ports(USB, HDMI, Audio), SD card slots, and screw holes are lined up correctly.

f:id:FutureStandard:20170606163658p:plain

Place reticulate oval plastic cover to the side with SD slot and LED lights.

f:id:FutureStandard:20170606163848p:plain

Attach other plastic cover(one without screw holes).

f:id:FutureStandard:20170606164015p:plain

Tighten 4 screws.

f:id:FutureStandard:20170606164143p:plain

Upon completion, your kit should look like pictures above.

f:id:FutureStandard:20170606164503p:plain

Connect the power cable and camera to USB slots.

f:id:FutureStandard:20170606164629p:plain

Turn on the power. The red status LED will light up when the Raspberry Pi is on.

2.Installing SCORER SDK to an SD Card

You can always download latest SCORER SDK image files from our site. If you want to reconfigure SCORER from vanilla state, please read through below to install SCORER SDK.

Access to http://downloads.scorer.jp/sdk.html and download SCORER SDK image file by clicking “Raspberry Pi 3” button.

!!CAUTION!!

SCORER SDK image file is approximately 3GB in size. It may take some time to download based on your internet speed.

f:id:FutureStandard:20170619135052p:plain

Decompress the file you have just downloaded. Downloaded file’s name will be: scorer-sdk-for-rp3_YYYY-MM-DD.zip (YYYY-MM-DD will correspond to the date of download).

3.Formatting an SD Card

Before proceeding to the installation process, the SD card(one you are intended to install SCORER SDK to) should be formatted. We recommend ‘SD Card Formatter‘ to do this job.

f:id:FutureStandard:20170614204548p:plain

Download ‘SD Card Formatter‘ from https://www.sdcard.org/downloads/formatter_4/index.html, then install it to your computer. Insert the SD card into your computer’s card reader.

f:id:FutureStandard:20170614204655p:plain

Once the SD card has recognized on your computer, click “Option” and make sure the FORMAT TYPE is “QUICK”. Click “OK” to close the Option Setting window.

f:id:FutureStandard:20170614204719p:plain

Click “Format” at main window. It will give you warning twice but just click “OK”. Upon completing the format, window with “Memory Card Format complete!” message will be shown on the screen. Click “OK” to close the window, then click “EXIT” at main window to close the application.

4.Installing SCORER SDK into an SD Card

We recommend to use ‘Etcher‘ for installing SCORER SDK into the formatted SD Card.

f:id:FutureStandard:20170606165213p:plain

Download ‘Etcher’ from https://etcher.io/, then install it to your computer.

f:id:FutureStandard:20170606165240p:plain

Start the Etcher and you will see a screen just like the one above. Make sure your SD card is shown on the midsection of window. Click “Select image”, then navigate through file system and chose the SCORER SDK image file(scorer-sdk-for-rp3_YYYY-MM-DD.img).

!!CAUTION!!

Make sure the directory name does not contain 2 byte letters(e.g. Chinese characters). You could get an error message just like picture below.

f:id:FutureStandard:20170606165311p:plain

When you are ready, click “Flash!” button. It will start installing image files to the SD card. Since image file has large volume, it takes few minutes to get processed.

f:id:FutureStandard:20170606165340p:plain

When you see “Flash Complete!”, click “X” on right upper corner to close application.

f:id:FutureStandard:20170606165408p:plain

Congratulations! All the installation process has just completed.

In the next chapter, we will continue our configuration process by adding WiFi information into configuration files and establish a WiFi connection for the Raspberry Pi.

SCORERスターターキット導入編1

本ブログシリーズではSCORERのセットアップの解説、使い方のご提案、細かいカスタマイズの紹介などを行っていきます。

今回は「SCORER カメラボードスターターキット」の機能を最低限使える様、ステップ・バイ・ステップで解説します。 このセットアップガイドは以下の流れで第1章から4章まで説明したいと思います。

  • 第1章 スターターキット組み立てとSDカードへSCORER SDKをインストー
  • 第2章 ネットワークへの接続確立
  • 第3章 ラズパイWEBでカメラの動作確認と色々な設定を試す
  • 第4章 Scorer Management Console(SMC)への登録とSMCから動画/スナップショット/ログをダウンロード

SCORERカメラボードスターターキットでは、SDカードに予め必要なソフトウエアがインストールされていますが、今回は説明の為にあらためてSDカードへのソフトウエアインストールについて説明してあります。 その為、スターターキットをすぐに利用されたいという方は2章から読み進めて頂ければと思います。

本章では、スターターキットの組み立て→通電確認→SDカードへSCORER SDKをインストールを行います。

1.「SCORER カメラボードスターターキット」の組み立て

f:id:FutureStandard:20170606163053p:plain

以下は本ブログで使用しているハード一覧です。尚、実際のスターターキットと違いSCORERは未インストール状態です。

  • Raspberry Pi 3(RTCモジュール、電源コンデンサー装備済)×1台
  • USBカメラ(Buffalo BSWHD06Mシリーズ 画角60度)×1台
  • SCORER未インストール SDカード(32GB):1枚
  • USB(MICRO-B)ACアダプタ :1個
  • プラスチックケース ×1個

それでは「SCORER カメラボード スターターキット」を組み立てて行きます。Raspberry Pi3(以下、ラズパイ)の本体を付属のプラスチックケースに収めます。その際に、USB(MICRO-Bメス)、HDMI出力、音声/コンポジット出力とラズパイボードのネジ穴が合うようにします

f:id:FutureStandard:20170606163658p:plain

網目状の楕円形のカバーをLEDとSDカード挿入口が有る側に取り付けます

f:id:FutureStandard:20170606163848p:plain

残りの上部カバーを取り付けます

f:id:FutureStandard:20170606164015p:plain

4箇所のネジ穴にそれぞれネジを入れて締めて下さい

f:id:FutureStandard:20170606164143p:plain

組み立てが完了をすると上記のような状態になります。

f:id:FutureStandard:20170606164503p:plain

ACアダプタをUSB(MICRO-B)スロット・カメラをUSBスロットへそれぞれ挿して下さい。

f:id:FutureStandard:20170606164629p:plain

ACアダプタをコンセントに挿すとSDカードスロットの横の部分に赤いLEDが点くことを確認してください

2.SCORER SDKをSDカードへインストー

現段階でのラズパイではOSがインストールされておらず何も出来ない状態ですので、次はOSを含むSCORER SDKイメージをダウンロードしてSDカードにインストールを行います。

(http://downloads.scorer.jp/sdk.html)にてスクリーンショットに有る”Raspberry Pi 3”をクリックしてSCORER SDKイメージをダウンロードします

!!注意!!ファイルサイズは3GB弱有りますのでダウンロードに時間がかかります

f:id:FutureStandard:20170606164834p:plain

ダウンロードしたscorer-sdk-for-rp3_YYYY-MM-DD.zip(YYYY-MM-DDはダウンロードした日付が付与されます)ファイルを解凍して下さい

3.SDカードをフォーマット

SDカードにデータが残っていると問題が生じる恐れが有りますのフォーマットを行います。フォーマットにはSDカードフォーマッターを推奨しています。

f:id:FutureStandard:20170606165010p:plain

f:id:FutureStandard:20170606165040p:plain f:id:FutureStandard:20170606165110p:plain

  • SDカードが認識されましたら、SDカードフォーマッターで「オプション設定」-「消去設定」にて”クイックフォーマット”を選択し”OK”を押下して下さい
  • 注意が2回出ますがそのまま”OK”を押下し進めて下さい
  • ”メディアのフォーマットが正常に終了しました。”と表示されましたら、”OK”を押下し、その後アプリケーションを終了して下さい

4.SCORER SDKインストー

Etcherを利用してフォーマット済みのSDカードへSCORER SDKをインストールします。

f:id:FutureStandard:20170606165213p:plain

f:id:FutureStandard:20170606165240p:plain

  • Etcherを起動後、真ん中のデバイスが③のSDカードドライブで有る事を確認して下さい
  • SelectImage」を押下し、②にてダウンロードしたscorer-sdk-for-rp3_YYYY-MM-DD.imgを選択

!!注意!!イメージファイルの置いてあるディレクトリの全体パスに2バイト文字が含まれるているとFlash時にエラーが発生します

f:id:FutureStandard:20170606165311p:plain

Flash!」を押下すると、SDカードへSCORERイメージのインストールが開始されます。ファイルサイズが大きいので数分の時間がかかります

f:id:FutureStandard:20170606165340p:plain

Flash Complete!”と表示されましたら、アプリケーションを終了して下さい

f:id:FutureStandard:20170606165408p:plain

これで、SDカードへSCORER SDKのインストールが完了しました。

次章ではSDカードにインストールされたSCORER SDKの設定ファイルにWiFi情報を追記して、ラズパイにリモート接続出来るように設定していきます。