FutureStandard MAKERS

東京にある動画解析プラットフォーム「SCORER」の開発をしているスタートアップのブログです

SCORERスターターキット導入編1

本ブログシリーズではSCORERのセットアップの解説、使い方のご提案、細かいカスタマイズの紹介などを行っていきます。

今回は「SCORER カメラボードスターターキット」の機能を最低限使える様、ステップ・バイ・ステップで解説します。 このセットアップガイドは以下の流れで第1章から4章まで説明したいと思います。

  • 第1章 スターターキット組み立てとSDカードへSCORER SDKをインストー
  • 第2章 ネットワークへの接続確立
  • 第3章 ラズパイWEBでカメラの動作確認と色々な設定を試す
  • 第4章 Scorer Management Console(SMC)への登録とSMCから動画/スナップショット/ログをダウンロード

SCORERカメラボードスターターキットでは、SDカードに予め必要なソフトウエアがインストールされていますが、今回は説明の為にあらためてSDカードへのソフトウエアインストールについて説明してあります。 その為、スターターキットをすぐに利用されたいという方は2章から読み進めて頂ければと思います。

本章では、スターターキットの組み立て→通電確認→SDカードへSCORER SDKをインストールを行います。

1.「SCORER カメラボードスターターキット」の組み立て

f:id:FutureStandard:20170606163053p:plain

以下は本ブログで使用しているハード一覧です。尚、実際のスターターキットと違いSCORERは未インストール状態です。

  • Raspberry Pi 3(RTCモジュール、電源コンデンサー装備済)×1台
  • USBカメラ(Buffalo BSWHD06Mシリーズ 画角60度)×1台
  • SCORER未インストール SDカード(32GB):1枚
  • USB(MICRO-B)ACアダプタ :1個
  • プラスチックケース ×1個

それでは「SCORER カメラボード スターターキット」を組み立てて行きます。Raspberry Pi3(以下、ラズパイ)の本体を付属のプラスチックケースに収めます。その際に、USB(MICRO-Bメス)、HDMI出力、音声/コンポジット出力とラズパイボードのネジ穴が合うようにします

f:id:FutureStandard:20170606163658p:plain

網目状の楕円形のカバーをLEDとSDカード挿入口が有る側に取り付けます

f:id:FutureStandard:20170606163848p:plain

残りの上部カバーを取り付けます

f:id:FutureStandard:20170606164015p:plain

4箇所のネジ穴にそれぞれネジを入れて締めて下さい

f:id:FutureStandard:20170606164143p:plain

組み立てが完了をすると上記のような状態になります。

f:id:FutureStandard:20170606164503p:plain

ACアダプタをUSB(MICRO-B)スロット・カメラをUSBスロットへそれぞれ挿して下さい。

f:id:FutureStandard:20170606164629p:plain

ACアダプタをコンセントに挿すとSDカードスロットの横の部分に赤いLEDが点くことを確認してください

2.SCORER SDKをSDカードへインストー

現段階でのラズパイではOSがインストールされておらず何も出来ない状態ですので、次はOSを含むSCORER SDKイメージをダウンロードしてSDカードにインストールを行います。

(http://downloads.scorer.jp/sdk.html)にてスクリーンショットに有る”Raspberry Pi 3”をクリックしてSCORER SDKイメージをダウンロードします

!!注意!!ファイルサイズは3GB弱有りますのでダウンロードに時間がかかります

f:id:FutureStandard:20170606164834p:plain

ダウンロードしたscorer-sdk-for-rp3_YYYY-MM-DD.zip(YYYY-MM-DDはダウンロードした日付が付与されます)ファイルを解凍して下さい

3.SDカードをフォーマット

SDカードにデータが残っていると問題が生じる恐れが有りますのフォーマットを行います。フォーマットにはSDカードフォーマッターを推奨しています。

f:id:FutureStandard:20170606165010p:plain

f:id:FutureStandard:20170606165040p:plain f:id:FutureStandard:20170606165110p:plain

  • SDカードが認識されましたら、SDカードフォーマッターで「オプション設定」-「消去設定」にて”クイックフォーマット”を選択し”OK”を押下して下さい
  • 注意が2回出ますがそのまま”OK”を押下し進めて下さい
  • ”メディアのフォーマットが正常に終了しました。”と表示されましたら、”OK”を押下し、その後アプリケーションを終了して下さい

4.SCORER SDKインストー

Etcherを利用してフォーマット済みのSDカードへSCORER SDKをインストールします。

f:id:FutureStandard:20170606165213p:plain

f:id:FutureStandard:20170606165240p:plain

  • Etcherを起動後、真ん中のデバイスが③のSDカードドライブで有る事を確認して下さい
  • SelectImage」を押下し、②にてダウンロードしたscorer-sdk-for-rp3_YYYY-MM-DD.imgを選択

!!注意!!イメージファイルの置いてあるディレクトリの全体パスに2バイト文字が含まれるているとFlash時にエラーが発生します

f:id:FutureStandard:20170606165311p:plain

Flash!」を押下すると、SDカードへSCORERイメージのインストールが開始されます。ファイルサイズが大きいので数分の時間がかかります

f:id:FutureStandard:20170606165340p:plain

Flash Complete!”と表示されましたら、アプリケーションを終了して下さい

f:id:FutureStandard:20170606165408p:plain

これで、SDカードへSCORER SDKのインストールが完了しました。

次章ではSDカードにインストールされたSCORER SDKの設定ファイルにWiFi情報を追記して、ラズパイにリモート接続出来るように設定していきます。